【健康】胃腸が弱い人は16時間断食をやってみよう!

健康
スポンサーリンク

はじめに:胃腸が弱い人は16時間断食をやってみよう!

この記事では、「胃腸を元気にする方法」を紹介します!

胃腸が弱いと、常に胃もたれするからあまり食事を楽しめなかったり、折角美味しいものを食べに来たのに満足に食べられずに帰るなんてことも・・・。

悲しくなりますよね。わかります。僕もそうでした。

でも、胃腸が弱いのは、今までの食に関する常識が間違っていたからかもしれません。

この記事に書いている「胃腸を元気にする方法」を実践していくだけで、あなたの胃腸は元気になり、食事を楽しめるようになります!

結論を先にいってしまうと、「16時間断食」を行えばよいです。

そもそも3食は食べ過ぎなんです。

では、「16時間断食」について、これから詳しくお伝えしていきますね。

16時間断食って何?

16時間断食はその名の通り、16時間断食を行います。

ただ、寝る時間も断食に含めるので、意外ときつくないですよ。

僕流の「16時間断食」のやり方を紹介しますね。

僕は1日に昼・夜の2回食事を摂ります。

具体的には

  1. まず、夜20時までに夕食を食べる
  2. その後、いつも通り過ごして普通に寝る
  3. そして、朝ごはんは食べずに12時に昼食を食べる

みたいな流れです。

16時間断食って言っても、睡眠時間を考えると我慢する時間は8時間くらいしかありません。

僕の場合、

24時に寝て8時に起きるので、

  • 20時~24時までの4時間
  • 8時~12時までの4時間

合計8時間を我慢すれば、「16時間断食」達成です。

こうやってみると、意外と出来そうだと思いませんか。

やってみると以外といけますよ。

これだけで健康な胃腸を手に入れられるので、是非やるべきだと思います!!

16時間断食の成果

僕が16時間断食を始めて実感したことは

  • 食を楽しめるようになった
  • お腹が空くようになった
  • 胃もたれしなくなった
  • ぼーっとしなくなった
  • 健康的になった

です。

3食だと胃腸が常に働いて疲れてたんだなと実感・・・。

そりゃあ胃腸に良くないわ~。

この中でも「食を楽しめるようになった事」が一番の収穫です。

やっぱり、お腹が空いた時に食べるごはんが、一番おいしいですよね!

それだけで幸せを感じれます!

余談ですが、

3食食べる習慣ってここ最近の話らしいです。

昔は2食が普通で、それで何十キロも歩いていたらしいので、本来は2食が一番人間に合っているのかもしれません。(世の中に美味しい物が溢れているから仕方ないのか)

あと、

16時間断食はオートファジー効果も助長してくれるので、若返りの効果も期待できます!(まだ実感はないです(笑))

まとめ:16時間断食で元気な胃腸を手に入れよう!!

いかかでしょうか。

16時間断食で、胃腸の働きを回復させて健康な日々を過ごしましょう!

16時間断食について、もっと詳しく知りたい方は、以下の本で詳しく解説されているので、是非読んでみてくださいね。

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました