【打率1割→4割超え】打てるようになる素振り練習メニュー教えます。

野球
スポンサーリンク

はじめに:打てるようになる素振り練習メニュー

この記事は

  • バッティングがあまり得意ではない
  • 得意だけど更にレベルアップを目指している

という方向けに書いています。

得意な方は見なくてもいいかもしれない(笑)

嘘です。見てください。

冗談はさておき。

バッティングで打てるようになるには、いくつかステップがあります。

それは、

  1. フォーム作り
  2. 素振りで準備
  3. 実戦で試行錯誤

です。

フォーム作りについては下記の記事で解説しています。

【ホームラン0本→量産】viスイングを習得してホームラン量産!

今回は「2.素振りで準備」について詳しく解説していきます。

おすすめ素振り練習メニュー3選!

まず、フォームが出来ている前提で話しますね!

(フォームが出来ていない場合は【ホームラン0本→量産】viスイングを習得してホームラン量産!をチェック!)

野球部であれば、素振りは誰しもがやる練習メニューだとは思いますが、どんな事を意識して練習してますか?

ただ単に100本振るだけとかになっていませんか?

悪くはないですが、それだと「スイングを鋭くすること」のみ特化しています。

練習メニューは、きちんと目的をもって取り組まないと成果は出ません。

なので目的に合わせた練習メニューを紹介します。

僕が今回紹介するおすすめ素振り練習メニュー3つは、

  1. おすすめ①:イメトレスイング(イメージトレーニングスイング)
  2. おすすめ②:片足スイング
  3. おすすめ③:全力スイング

です。

おすすめ①:イメトレスイング

1つ目「イメトレスイング」は、対応力を磨くために行います。

具体的には、

  1. ピッチャーをイメージしてタイミングを取る(右投げなのか、左投げなのか)
  2. 球種をイメージする(ストレートなのか、変化球なのか)
  3. 打球をイメージする(逆方向に打つのが良い)

これで自分を追い込みます。

めちゃくちゃ速い球や鋭い変化球をイメージして、それをヒットにするイメージを積み重ねます。

おすすめ②:片足スイング

2つ目「片足スイング」は、体の開きを抑えるために行います。

片足スイングは前足(ピッチャー側)1本でスイングします。

大きい当たりや強い打球を狙うと、どうしても体が開く癖がつきやすくなります。

前足1本でスイングすることで、体を開かずに効率の良いスイングを身につけることができます。

おすすめ③:全力スイング

3つ目「全力スイング」は、スイングの切れを増すために行います。

イメトレやスイング調整を行ったら、最後はフルスイングあるのみです。

実戦では、色々考えるのではなく、来た球を全力スイング。

これに尽きます。

以上がおすすめの素振り練習メニュー3選でした!

まとめ:打てるようになる素振り練習メニュー

いかかでしたでしょうか?

知っている練習メニューもあれば、知らない練習メニューもあったのではないでしょうか?

今が打てていないのであれば、とりあえず試して欲しいです!

そして、「前より打てるようなった!」という方が増えれば幸いです。

努力を継続すれば絶対に打てます!!頑張りましょう!!

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました