会社の人には気を遣うのに家族は大事にしない日本人の話

人生観
スポンサーリンク

はじめに:身近な人ほど大事にできない日本人

皆さんは家族を大事にしていますか?

会社で上司や先輩にペコペコして働く日々・・・。

クタクタで家に帰ってきて・・・

  • 「おい、酒!」とか言ってたりしませんか?
  • 適当に相づちして聞き流してませんか?
  • すぐ感情的になって怒鳴ったりしてませんか?

まぁわからんでもないです。

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

身近な人を大切にしよう

僕も若い頃は親に反抗的で無視したり、「うるせぇ!くそばばあ!」とか言ってました。

今思えば凄く申し訳ないと思ってます。

ですが、今となっては家族を誰よりも大切にしています。

  • 日々、感謝の気持ちを伝える
  • 定期的にプレゼントを渡す
  • 楽しくコミュニケーション取る

など、昔の自分では考えられないような関係を築くことが出来ています。

それはある小林知央さんのYouTube動画がきっかけでした。

この動画の中で人は

  • 自分の妻
  • 自分の息子
  • 自分の兄弟

など、「赤の他人に比べて関係が複雑になると不満が出てきてしまう」と言われています。

良い関係を築くためには、他人と思って接する。

もっというと、「今日初めて会ったと思って接する」事が大事だと紹介されていました。

これは、僕も実際に意識してみたんですが、効果は抜群でした。

普段だったらめんどくさいなと思うような親からのお願い事も、「あ、いいよ」と即答している自分がいました(笑)

同様に友達にも優しく接する事が出来るようになりました。

これは本当に効果抜群です。

是非、お試しあれ。

まとめ:身近な人から大事にしよう!

いかかでしょうか?

人間関係をよくする方法は、自分以外は全員他人で初対面だと思うことです。

これからは身近な人を大切にする意識を持ちましょう!!

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました