【停滞改善】習慣リストを見直して更なる成長を手に入れよう!

習慣

この記事は習慣リストを作成して、3ヶ月~1年は継続してきた方向けの記事です。

スポンサーリンク

はじめに:習慣リストは定期的に見直しましょう

習慣リストを作成してからある程度実践し、成果を感じれなくなってきた場合は、習慣リストを見直しましょう!

まだ習慣リストを作成できていない方はこちら。

【成長】良い習慣を身につけて人生を豊かにする方法!

僕は何をやるにしても、習慣化してコツコツ積み上げていけば、必ず成長できると考えています。

ただ、それはある一定のラインまで。

習慣化による継続で、レベル80くらいまではいけますが、その先は才能や鬼の努力が必要だと考えています。

レベル100を目指す労力はかなり効率が悪いです。(むしろ辿り着かない事の方が多い)

なので、「レベル80まで行けたら、別のレベル上げを始めようよ。」というのが今回伝えたい事です。

「1つの事をレベル100にする。」確かにこれも凄い事です。

その道のプロを目指すのであれば話は別ですが、大抵の人はそうではないですよね?

しかもレベル80になれば大抵の事はこなせるようになると思います。

レベル100に執着するのではなく、「レベル80をどんどん増やして量産する」。

この戦略が賢いし、自分という可能性を広げる事が出来ます。

では早速、習慣リスト見直しをやっていきましょう!

習慣リスト見直しのやり方

例えば今の習慣リストが、

  • 腕立て伏せ1回以上
  • 読書1ページ以上
  • 自分から挨拶する
  • 瞑想1分以上
  • 英単語を1つ以上覚える

だったとしましょう。

各リストに対して振り返りを実施し、今後の方針を決めます。

  • 腕立て伏せ1回以上
    • 効果を感じなくなってきたので、10回以上に変えてみよう
  • 読書1ページ以上
    • あまり効果を感じないから辞めて別の事をやろう
  • 自分から挨拶する
    • 自分から挨拶するとコミュニケーションが取りやすくなったから継続しよう
  • 瞑想1分以上
    • 瞑想も1分でかなり効果があるからこのまま継続しよう
  • 英単語を1つ以上覚える
    • あまり変化を感じないから3つ以上に変えてみよう

という風に少し変化を加えて継続したり、廃止したりします。

また、余裕があれば習慣リストを5個から10個に増やすのもありですね。

20個を超えてくると、こなすこと自体が困難になるので、多くても10個くらいが良いです。

この習慣リスト見直しを定期的に行う事で効率良く、スピーディーに成長できます。

習慣様様です。

まとめ:習慣リスト見直しの必要性

いかかでしょうか?

「最近、成長速度が停滞してきたな」と感じる方は、是非習慣リストを見直して、再び成長速度を加速させましょう!

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました