なぜカフェインは筋トレに効果的?1日の摂取量と中毒症状を防ぐ飲み方、コーヒー豆知識

筋トレ豆知識

気をつけ!私は痩せ隊 隊長だ。

元自衛隊で筋トレ歴10年以上の体脂肪率1桁ブロガーとして活動中である。よろしく頼む。

この記事では、「筋トレとカフェインの関係や摂取量」について紹介しよう!

スポンサーリンク

カフェインとは?その効能を解説

カフェインは、天然に存在するアルカロイドの一つで、コーヒー、紅茶、及びチョコレート等に含まれている。カフェインは、中枢神経系を刺激する作用があり、精神的な疲れや眠気を和らげる効果がある。また、カフェインは、筋肉の収縮を促進する作用があり、運動時の疲れを軽減し、運動性能を向上させることができる。

ただし、過剰な摂取は、不眠症、不安、高血圧などの副作用を引き起こす可能性があるため、適量を摂取することが重要だ。また、妊婦や乳幼児、高血圧、心臓病などの患者は、カフェインを摂取する際には注意が必要。

コーヒーでパフォーマンスアップ効果?カフェインと筋トレの関係

コーヒーは、カフェインを主成分として含んでいるため、精神的に疲れがある場合には、疲れを和らげる効果があります。また、カフェインは筋肉の収縮を促進する作用があり、筋力トレーニングや耐久性トレーニングなどの運動時の疲れを軽減し、運動性能を向上させることができる。

研究によると、カフェインは筋力トレーニングや耐久性トレーニングの後、筋肉疲労を軽減し、筋肉の成長を促進する可能性があることが示唆されている。カフェインは筋肉細胞内に存在するアドレナリンの分泌を促進することで、筋肉の活性を高めることができるためだ。

ただし、カフェインは過剰な摂取によって、不眠症、不安、高血圧などの副作用を引き起こす可能性があるため、適量を摂取しよう。

カフェインの摂取量の目安は?

カフェインの摂取量の目安は、個人差があるため、厳密な数値はない。

一般に、大人が1日に摂取するカフェインの量は、400mg以下が推奨されている。これは、1杯の約200mlのコーヒーに含まれるカフェイン量の目安。

ただし、カフェインは薬物として扱われるため、妊婦や乳幼児、高血圧、心臓病などの患者は、カフェインを摂取する際には医師に相談することが必要だ。また、カフェインによって副作用を起こす人もいるため、個人差があることも覚えておく必要がある。

カフェインの摂取タイミングは?

カフェインの摂取タイミングは、個人差があるため、厳密な決まりはない。

カフェインは、精神的な疲れや眠気を和らげる効果があり、筋肉の収縮を促進する作用があるため、朝に摂取することで、一日をスタートダッシュする効果がある。また、筋力トレーニングや耐久性トレーニング前に摂取することで、運動時の疲れを軽減し、運動性能を向上させることができる。

ただし、カフェインは、過剰な摂取によって、不眠症、不安、高血圧などの副作用を引き起こす可能性があるため、適量を摂取することが重要だ。また、カフェインによって、夜には眠れなくなったり、深夜には減ってしまうことがあるため、夜には控えることも重要。

カフェイン摂取時の注意点は?

カフェインを摂取する際には、以下の注意点を踏まえることが重要だ。

適量を摂取すること

過剰なカフェインの摂取によって、不眠症、不安、高血圧などの副作用を引き起こす可能性があるため、1日に摂取するカフェインの量は、400mg以下が推奨されている。

摂取タイミングを考慮すること

カフェインは夜には眠れなくなったり、深夜には減ってしまうことがあるため、夜には控えることも重要だ。

個人差を考慮すること

カフェインは個人差があるため、自分の体に合った摂取量を見つけることが重要だ。 妊婦や乳幼児、高血圧、心臓病などの患者は、カフェインを摂取する際には医師に相談することが必要。

注意して摂取すること

カフェインによって副作用を起こす人もいるため、個人差があることも覚えておく必要がある。

コメント

【くびれ&美尻づくり専門】ダイエットジム2年連続人気No.1
理想のボディになれるか無料相談
【くびれ&美尻づくり専門】ダイエットジム2年連続人気No.1
理想のボディになれるか無料相談
タイトルとURLをコピーしました