【球速100キロ→130キロ】強肩と制球力を身につける方法!

野球
スポンサーリンク

はじめに:コントロールを安定させるフォームとは?

僕は野球を始めた頃、肩は強いのにコントロールがない。

と良く言われてました。

その肩ならピッチャーしないと勿体ないなぁ。

でもコントロールがなぁ。

と何度言われたことか(笑)

僕も当然、コントロールを安定させるために、様々な練習をやりましたよ。

  • 下半身主導のフォームを身につける
  • 走りこんで下半身を安定させる
  • インナーマッスルを鍛える
  • 上半身と下半身の連動を身につける
  • めんこを叩くようにリリースする

これ以外にもたくさんの事を実践しました。

一時的にはコントロールが良くなって、「よっしゃ!正解を見つけた!」と思った次の日にはまた悪くなってました。

これを一体何度繰り返したか・・・。(笑)

でも、今はコントロールがとても安定しています。

結論から言うと、「スローマックス」という野球ギアを買ってからコントロールが良くなりました!!

なので、スローマックスについて紹介していきます。

スローマックス

スローマックスとは、

世界で初めて開発されたピッチャー用トレーニンググッズです。

スローマックス社で開発された、スローイング矯正アイテム!

一度付いたスローイングの癖は修正が困難です。

そこで登場したのがスローマックス!

スローイング時の肘の角度を90°前後に保たせ正しいフォームを習得させる新兵器です。

コーチが身振り手振りで説明しても、本人にはなかなか伝わらなかった正しいフォームが、スローマックスさえあれば簡単に習得出来ます。

正しいフォームのメリット

  • 肘、肩の故障を防ぐ
  • 将来の怪我の予防
  • 腕、肩のエネルギーを無駄なくボールに伝えられる
  • コントロールのアップ

ピッチャーのみならず、野手の方も是非お試し下さい。

あ、サイズがあるので気を付けてくださいね。

僕は175センチなのですが、Lを買いました。

まとめ:コントロールを安定させるフォーム

いかかでしょうか?

コントロールが悪くて悩んでいる方は是非、スローマックス試してみてくださいね。

色んな書籍やサイトの練習を試すより早いですよ!!

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました