【思考力アップ】思考力を鍛えてデキル人になる方法!

思考力
スポンサーリンク

はじめに:思考力が高いってどんな人?

皆さんは思考力について考えた事がありますか?

思考力が高い人はどんなイメージでしょうか?

  • 高学歴
  • 問題解決力が高い
  • 仕事がデキる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 覚えが早い

このようなイメージがあるのではないでしょうか?

いわゆるエリートと呼ばれる人達かもしれません。

僕は「凡人」と「エリート」の違いは思考力によってもたらされていると思います。

そして、この思考力は遺伝に関係なく鍛えられる事は知っていますか?

今回は思考力を高める方法をご紹介します。

これであなたもエリートの仲間入り!

とはいかないかもしれませんが、思考力を鍛える事で間違いなくデキル人に近づく事が出来ます!

思考力を鍛える方法

結論から言うと、思考力を鍛えるには口癖を変えれば良いです。

思考力が高い人はある口癖を持っているんです。

その口癖はいくつかあります。

今回紹介する口癖は、

  1. ということは
  2. なぜ?
  3. どうやって?

です。

それぞれ見ていきましょう。

口癖①ということは?

「ということは?」と唱える事によって、1つの情報から複数の情報を引き出す事が出来ます。

例えば

「太郎君は焼肉に週5回行った」

という情報があったとします。

その際に「ということは?」と考えます。

すると・・・

  • 太郎君は焼肉が好きなのかな?
  • 同じお店に5回行ったのかな?
  • 違うお店で食べ比べしているのかな?
  • お金に余裕があるのかな?

など、色々疑問が浮かぶと思います。

思考力の高い人達は、これを日頃から繰り返しています。

なので、色んな事にも考えを述べたり出来るのです。

逆に言えば、これをやれば思考力が高くなるということです。

是非「ということは?」を口癖にしてみてください。

もちろん頭の中だけで唱えるだけでも効果はあるので、そこは臨機応変に行きましょう。

口癖②なぜ?

次に紹介する口癖は「なぜ?」です。

これは使う人は多いかもしれません。

例えば、

「息子の携帯が壊れた」

という情報がありました。

そこで「なぜ?」と考えます。

  • 寿命かな?
  • 落としたのかな?
  • 水没かな?
  • 誰かに壊されたのかな?

など、原因を探る思考になります。

この思考によって、何かが起きた時になぜそうなったのか?を考える事で、解決方法を考える事が出来ます。

口癖③どうやって?

最後の口癖は「どうやって?」です。

これは目標に向かっていく手段を考える時に使います。

例えば

「来月までに5キロ痩せる」

という情報があったとします。

「どうやって?」と考えます。

  • 毎日3キロ走る
  • 炭水化物を抜く
  • ジムに行く
  • ライザップに行く
  • 断食する

など、手段が見えてくると思います。

目標を達成したい場合は「どうやって?」と考えましょう。

まとめ:思考力を鍛えてデキル人になろう!

思考力が高い人は、普段の日常から頭を使っているということが分かったと思います。

考える癖を習慣化する事で思考力が磨かれていくのです。

是非思考力を鍛えていきましょう!

ちなみに思考力を鍛える系の本を沢山読んだ中で、一番のおすすめ本はこちらです。

「一般人」と「東大生」の頭の使い方の違いを丁寧に教えてくれます。

しかも後から身に見つける事が出来るんです!

おすすめです。

習慣にするためにはこちらの記事を参考にしてください。

良い習慣を身につけて人生を豊かにする

では、思考力を身につけて更にイケてる人になりましょう!

ならね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました